看護師さんの「本音・座談会」~職場の人間関係って~

看護師転職ホンネのところ!

  • Aさん

    未婚 転職経験1回

    医療法人系病院(約300床)に入職。循環器系の病棟勤務の後、地方独立法人系病院(約500床)に転職

  • Bさん

    既婚・子ども1人 再就職検討中

    共済組合系病院(約200床)に入職。腎臓科の病棟勤務の後、出産を機に退職

  • Cさん

    既婚 転職経験なし AさんBさんの1学年先輩

    医療法人系病院(約150床)に入職。肝臓科、整形外科、精神科の病棟で勤務

  • Dさん

    未婚 転職経験なし AさんBさんの1学年先輩

    学校法人系病院(約500床)に入職。消化器外科、肝臓科の病棟で勤務

同じ看護学部を卒業後、それぞれ別の職場でさまざまな経験を積んで来た4人の看護師さん。職場のこと、将来のこと、結婚した後の仕事のことなどなど「ココだけの話」を語ってもらいました。

結局は「勤務がキツイから?」

──きょうはお集まりいただいてありがとうございます。看護師さんの本音トークということで、働く看護師さんの思いを語っていただきたいと思います。まずは、看護師が職場を辞めたいと考える理由の上位にランクされる「人間関係」について、思うこと感じることを何でもお話しください。転職経験をお持ちのAさん、いかがですか?

いきなり重たいですね(笑)。私は急性期の病棟にいたとき、夜勤がらみでギクシャクすることがよくありました。たとえば準夜の引き継ぎ時に急変。深夜勤務の先輩から「30分だけお願い」と頼まれる。人がいないことは分かっているから残業しますけど、翌日は日勤。どんどん睡眠時間が削られていくんです。でも誰に文句を言う訳にもいかない。結局2時、3時まで残業することもしょっちゅうで翌日の日勤は身も心も最悪でした。

日勤夜勤が大変なのは当然だけど、準夜日勤も同じ。夜間の引き継ぎは看護師さんが少ない分もっと悲惨ですよね。

「30分お願い」って言った人が、逆の状況だと「お先に~」なんてケロッとした顔で帰ったりして。さすがにムカつくよね。

いるいる。そういう先輩に限って上司には調子が良かったりしてね。10年近く異動がなかったりとか。

みんな事情があるのはわかるけど、忙しいとやっぱり感情的になっちゃいますよね。私は子育て看護師さんの勤務調整のために自分のプライベートの予定を変更することが続いて、「どうして私ばっかり!」とカリカリしていた時期がありました。そんな自分が今は出産後の再就職を考えているので両方の気持ちがわかりますけどね。

病棟の仕事は夜勤があって当たり前って思われているけど、やっぱり忙し過ぎて余裕がなくなる時ってあると思う。疲れて体調が悪くなると、無意識に人に当たったりするしね。

出勤の時に笑顔で挨拶されただけで腹が立ったりしません?あーこれ良くないなーって反省するんですけど。

体調がキツイ時には一般の人に「お仕事大変ですね」なんて言われてもイラつくことがある。「何がわかるの?」って思ってからそんな自分に自己嫌悪とか。

私体調がキツくない時もそう思ってるよ(笑)。あと「看護師=白衣の天使」みたいなこと言われたり。勝手なイメージだよね。

──入院経験のある男性の知り合いがみんなそんなことを言ってました(笑)。

でも実際やっぱり看護師の仕事って大変なんですよ。だから人間関係の問題って勤務が忙しくて気持ちに余裕が持てなかったりする時に出てくるのかもしれませんね。

もちろん、当人の性格の問題も大きいと思いますけどね(笑)。でも人間関係って前もってわかるものでもないから、しょうがない部分もあるのかな。

ドクターは「敵なのか?同志なのか?」

一般の人に言われてうんざりすることと言えば「先生と付き合ったりするの?」みたいなこと。

あれどうしてですかね。「看護師さんはドクターと恋愛関係になるもの」という先入観を持っている人っていますよね。同じ職場にいれば恋愛感情が湧くこともあるかもしれないけど、仕事の上ではどちらかと言うと対立関係というか。

「早く注射伝票書いて下さい!」とかPHSで「患者さんのご家族がお待ちなんですがどこにいらっしゃるんですか!」とか毎日叫んでたら恋愛感情なんてとんでもないよね。

あはは確かに。ドクターにもよるけど、話す時にケンカ腰になっちゃう相手っているよね。指示するばっかりで、やることをやらない人とか意外と多い気がする。

──すみません。一般人の感覚からすると看護師さんと先生のカップルって多いように想像してしまうんですが、実際にドクターと結婚したお友達はいらっしゃいませんか?

同僚や先輩の結婚式に10回くらい出ましたけど、そのうち1人ですね。

職場の同期12人中結婚しているのが5人。そのうちドクターと結婚したのは1人。

私、ドクターに同じことを聞いたことがあるんだけど、知り合いの男性ドクターの10人中8人の奥さんが看護師さんだって言ってた。

あ、なんかそれ分かる感じがします。ドクター側から見るとそんな割合かも知れませんね。

ドクターって付き合いせまいんじゃない?日勤⇒当直⇒さらに日勤なんて勤務だったら、中で相手を見つけるしかないってことかも。

それはあるよね。

そう考えるとちょっと気の毒ですね。勤務もキツくて相手もいなくて。

それとこれは別。やっぱり連携しなければ現場が回らないんだからやるべきことはしっかりやってほしい。看護師さんに尻拭い押し付けるなんてダメ!

転職活動「辞めたい気持ちとためらう気持ち」

──ところで、Aさんは転職経験をお持ちで、Bさんは再就職をご検討中。Cさん、Dさんは転職しようと考えられたことはありますか?

転職サイトを見ない日がないくらい、毎日考えてますよ。

あ、じゃあいま転職活動してるんですか?

具体的にはまだ。転職に失敗したって後悔してる先輩がいてね、いろいろ話を聞いてるとなかなか決断までいかなくて。

自分の職場は待遇もまあまあだし、7:1看護だし、二交代制で、ある程度プライベートも確保できるからあんまり転職は考えていないけど、出産した人たちはみんな辞めちゃうんだよね。育休が取りにくいとか時短(短時間勤務)の制度がないとかね。自分も結婚して妊娠したらそこは真剣に考えなきゃならないのかなと思ったりする。

そう、さっきの失敗したっていう先輩は、面接で短時間勤務の正職員制度とか、時差出勤の制度とかがあるのを確認してから転職したんだけど、職場に入ってみたら制度を使っている人がいないんだって。結局その先輩が制度適用第1号みたいになっちゃったもんだから風当たりがハンパじゃないらしい。

あー、私がやっちゃったブーイングですね。

──たしかに、多様な就業形態を取り入れることでいろいろな立場の看護師さんが働き続けられる環境を整備しましょうという動きは進められていますが、実際の取り組みは各施設によって大きな差があるようですね。

私が転職した時は、民間の転職サイトを利用しました。担当のコンサルタントさんがとてもこの業界に詳しかったし、いろんな制度が「建前だけ」じゃなくて実際に機能しているかとか、看護部長の考え方みたいな突っ込んだことまで教えてくれましたよ。

転職活動「コンサルタントにお任せ?」

コンサルタントって、そんなことまで調べてくれるんだ!

コンサルタントさんはその地区の転職の仲介を何度もしているので、求人情報に書かれていないことまで詳しく教えてくれました。

でも、さっきのDさんの話じゃないけど事前に職場の人間関係までは分からないよね。いくら優秀なコンサルタントでもやっぱり外部の人だもんね。

病院によってはすごく詳しいことまで知ってるみたいですよ。そこまではいかなくても、実際に行った時の「生の雰囲気」を教えてもらえるだけでも違います。

あと新卒の離職率とかも気になりますね。

それは言えてるかも。5年目ぐらいまでの子が辞める理由はプライベートも含めていろいろだけど、新卒の子が辞める理由はほとんどミスマッチだもんね。

──日本看護協会の調査でも、7:1看護など手厚い人員配置の施設では新卒離職率が著しく低いと報告されています。人員配置が厚ければ、先輩看護師の皆さんも余裕を持って新人の指導ができる。余裕があるから人間関係も良好、と想像することはできそうですね。

ひと口にミスマッチって言っても、相談できる人がいないとか、職場が忙し過ぎて基本的な手技を指導してもらえなかったとか、プリセプターとうまく行かない時にフォローしてくれる先輩がいなかったとか、職場の人間関係が表れてくるもんね。

そうですよね。新人の離職者が少ないってことは雰囲気良さそうって思いますよね。私も就職活動で参考にしてみます。

──今回のまとめとしては、看護師さんの職場の人間関係は勤務形態など人員配置の問題が大きい。転職を考えるのなら、転職サイトを利用して、勤務形態の「実際の運用」について知ることができるといい。さらに職場の雰囲気を知る上で「新卒者の離職率」がバロメータになるかもしれない、の3項目といったところですね。

本日はありがとうございました。またの機会にもいろいろお話しを聞かせてくださいね。

人気ランキングBEST3

ランキングをもっと見る

看護師転職マニュアル

おすすめ転職サイト人気ランキング

看護師転職マニュアル

転職までの流れ

  • STEP 1転職サイト選び
    厳選された優良サイトのみをご用意させていただきました。お住まいのエリア対応状況や、サポート体制などからご希望に合った転職サイトをお選びください。
  • STEP 2無料会員登録
    転職サイトが決まったら、求人を探す前に無料の会員登録を行います。3社以上の複数サイトに登録することが、理想の求人に出会うポイントです。
  • STEP 3相談・求人紹介
    登録が完了すると、いよいよ求人情報探しが始まります。専任のコンサルタントに希望条件をしっかりと伝え、納得のいく理想の求人情報を紹介してもらいましょう。